Home> Lancia Lunch 2017協賛社 紹介2

Lancia Lunch 2017協賛社 紹介2

  • 2017年10月 2日 16:19

EBERHARD & Co.
今年創業130年となるスイスのクロノグラフの名門、エベラール
image007.jpgスイス時計産業発祥の地ラ・ショー・ド・フォン。その目抜き通りレオポルド・ロベール通りに鷲の像を戴く古い建造物があります。「イーグル・ビル」と呼ばれ、当時では知らぬものがいないこの建物こそ、1887年創業、エベラール社の工場だったのです。エベラール社が1900年に製作した初期の懐中時計は極めて精密な時計製造の分野において同社の地位を確立するものとなりました。1919年、エベラール社はダブルバックと可動ラグを持つワンプッシュ・クロノグラフを発表します。1930年代。このスイス企業による探求は、二つのプッシュボタンを持つ新たなクロノグラフの創造へ結実します。これによりストップ後ゼロリセットすることなしに再スタートが可能になったのです。時間計測の新しい可能性に門戸を開いた技術革新でした。当時最高の技術である自動巻ムーブメントを搭載したクロノグラフの実現にその具体的な表現を見出します。1930年代を通じて、イタリア王国海軍の将校の腕には常にエベラールの時計がありました。2001年新世紀を迎え、時計の歴史上はじめてインダイアルを横1列4連に並べたクロノグラフを発表しました。デザイン的にも斬新なものであり、技術的には真の革命と言うことができます。かつてないこの配置は、グラフィックの面においてより明瞭なものであり、より合理的な読み取りを可能にするものといえます。
Miki Biasion Nuovo .jpegBiasion Eberhard1.jpeg
MIKI BIASIONがエベラールのアンバサダーをされております。
CS Miki Biasion Brand Ambassador di Eberhard & Co. - 2017.pdf
miki.JPG
MIKIからLCJメンバーにメッセージが届いております。MOVをクリックmiki biasion.MOV
Sito internet:
http://www.eberhard-co-watches.ch/en/

Index of all entries

Home> Lancia Lunch 2017協賛社 紹介2

Return to page top